さいたま市地球温暖化対策地域協議会


トップページ » 耳より情報 » さいたまコープにてBDF(バイオディーゼルフューエル)トラック導入

さいたまコープにてBDF(バイオディーゼルフューエル)トラック導入

更新日 平成22年3月9日

さいたまコープでは、資源循環とCO2削減を目的に、店舗などから出る「使用済み天ぷら油」を原料にBDF(バイオディーゼル燃料)トラックをコープデリ大宮センターに導入しました。

さいたまコープでは、大宮センター保有車両29台のうち、2009年度中にBDFトラック22台を順次導入します。他の配送センターにも拡大し、さいたまコープの地球温暖化防止自主行動計画で目標としている「2002年度比総量1%削減」の達成をめざします。

平成21年10月28日(水)埼玉県やさいたま市の行政・BDF製造業者・組合員の代表者の参加で、「BDFトラック出発式」が行なわれました。

BDF(Bio Diesel Fuel)とは

 生物由来油から作られるディーゼルエンジン用燃料の総称であり、バイオマスエネルギーの一つです。主に食用として使用済みとなった油を精製して作るディーゼル燃料を指します。硫黄酸化物・浮遊粒子状物質などの排出が少ないため、環境への負担が少ないといわれています。

 また、バイオマス(再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの)に含まれる炭素分は、もともと植物が大気中のCO2を固定したものなので、バイオマスを再生産する限りにおいては、バイオマスを燃焼しても実質的には大気中のCO2の増加にはつながらないと、考えられています。バイオマスについて、詳しくはこちら


さいたま市環境キャラクター
さいちゃん

家庭の省エネアドバイス“うちエコ診断”のご案内

省エネステップアップ術

さいたま市エコライフ川柳

環境出前講座

エコライフDAY実施中

2017年06月24日現在

18人が参加

17,756g削減!

いますぐやってみる

eco!ラーニング

さいたま市エネルギーMAP

エコラム

パンフレット作りました

さいたま市

全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)

東京電力・でんき家計簿

ECO drive SAITAMA


このサイトについてプライバシーポリシーサイトマップリンク集

さいたま市地球温暖化対策地域協議会事務局
〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6丁目4番4号 さいたま市役所環境創造政策課内
電話 048(829)1324 FAX 048(829)1991 E-mail kankyo-sozo-seisaku@city.saitama.lg.jp